フィボナッチラインのトレードでの活かし方

フィボナッチラインは、トレードにおいてサポートラインやレジスタンスラインを見つけるのに非常に便利な方法である。

本記事では、フィボナッチラインを利用したトレードの方法について解説してある。

フィボナッチラインとはなに?

フィボナッチラインは、サポートラインまたはレジスタンスラインを見つけるために引かれるラインのことである。

例えば、上昇トレンドでは必ず押し目が入るが、その際に高値と安値が発生する。フィボナッチラインは、高値と安値の値幅に対する割合(%)で算出される。

割合は厳密に決まっており、上昇トレンドでは高値を付けた後の押し目(サポートライン)の目安として利用されている。

フィボナッチラインで使う割合(%

フィボナッチラインで使う割合は、23.6%、38.2%、50.0%、61.8%である。50.0%はフィボナッチラインで使われる割合ではないが、トレードでは心理的に意識されやすいので含めてある。

以下のチャートは、上昇トレンド中にフィボナッチライン61.8%まで押し目が入ったパターンである。

フィボナッチラインの割合はどうやって算出されたのか?

連続する二つの整数を足していくと以下のような数字の羅列になる。

1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, ……….

それぞれの数字は、一つ前の数字のおよそ1.618倍となっている。つまり、それぞれの数字は61.8%増しで並んでいる。61.8という数字はここから来ている。

38.2%は二つ右隣の数字で割ることで算出され、23.6%は三つ右隣の数字で割ることで算出される。

先述したように、50.0%はフィボナッチラインとは関係ない数字である。しかし、心理的に意識されやすいため、ここに含まれている。

フィボナッチラインをトレードに活用する

フィボナッチラインは、不思議なくらいサポートラインやレジスタンスラインとして機能する。

しかし、フィボナッチラインだけに依存するのではなく、他のインジケーターと併用することをお勧めする。

特に過去の値動きからサポートラインやレジスタンスラインを探り出し、その情報と併せて活用するとより精度の高いトレードができるはずだ。

また、最近は一目均衡表も多くのトレーダーが活用しており、雲の上限または下限が意識されやすくなっている。

フィボナッチライン単独ではなく、それ以外に一つもしくは二つのインジケーターを活用し、市場の状況をより俯瞰的に分析すると良いだろう。

最新情報をチェックしよう!