FX初心者がトレード前に知っておくべきこと

本記事では、投資初心者がFXを始める前に知っておくべきことについて解説してある。投資初心者が、相場で失敗をしないためには全て必要な情報である。

FX市場で利益を上げていくには、そのための知識と技術が必要である。そのためには、献身的な努力は欠かせない。具体的には、全てのトレードの結果を検証し、そこからの学びを記録しておくことだ。

多くのFXトレーダーは、検証作業を怠るがゆえに、いつまでも同じ間違いを繰り返している。そういうトレーダーに限って、ころころとトレードスタイルを変える傾向がある。

まずは負けトレードから学べることをトレード日誌に記録することから始めよう。数か月、はたまた数年後にその日誌は、あなたの大きな財産になっているはずである。

FX市場を理解する

FXトレードを始めるなら、最初にやるべきことはFX相場のことについて理解することである。まずは『敵を知る』必要がある。

至極当然のことであるが、FXトレードでは為替相場をしっかりと観る必要がある。と言ってもチャートを見たり、パターンを分析したりということではない。

そうではなく、為替価格の変動がどのようなメカニズムで起こるのかを知り、次に理解する必要がある。

FXはポーカーゲームとは異なり、終わりがない。退場するトレーダーはいても、すぐに別の新規参入者が現れる。

非常に多くの競合がひしめき合う世界であり、FXトレードで利益を積み上げるためには、他のトレーダーを出し抜く必要があるのだ。

トレードのタイミングは早々やってこない。ほとんどの時間をチャート眺めに費やすことになるだろう。その間にやるべきことは、トレード戦略を練っておくことだ。準備が整っていれば、いつかは絶好のエントリーチャンスがやってくる。

FX市場は多くの人間の集合体

FX市場には、多くのトレーダーが参加している。トレーダー一人一人には感情があり、様々な刺激(材料)に対して反応を起こす。これが、価格変動の原動力となっているのだ。

トレーダーがポジティブに反応すれば価格は上昇し、ネガティブになったりパニックを起こしたりすれば価格は下落する。

つまり、FX市場は一人一人のトレーダーの感情の総意が反映されたものなのである。従って、感情の総意を感じとることができればFX取引で利益を上げることは容易である。

しかし、市場参加者の感情の総意を感じとることは容易ではない。ただ、最低限抑えておくべきルールはある。

投資初心者が抑えておくべき市場ルール

一つ目のルールは、市場は「不確実性」を嫌うということ。先の見えない状況が続くと、市場はパニックを起こしネガティブに反応する。

二つ目のルールは、FX市場は各国の政策金利の影響を直接的に受けるということ。何か経済的な材料が出た場合、常に政策金利がどのように変動するのかを推測しなければならない。特にアメリカの政策金利は重要である。

三つ目のルールは、想定外の結果に対して市場は大きく動くことだ。例えば、アメリカの雇用統計の市場へのインパクトはとても大きいが、このような経済指標では必ず予想値が事前に知らされている。従って、もし結果が予想値よりもかけ離れた数値であれば、FX市場は大きく動く可能性が高いのである。

以上三つのルールを基盤にして、為替市場に関する知識を補足していくと良いだろう。そして、何か大きな材料(ニュース)が出たとき、為替市場がどのように反応するのかをよく観察することをお勧めする。

為替市場の反応を学んだら、次にやるべきことは少しずつ実践をしていくことである。つまり、実弾を使ってトレードを始めることだ(最初は小さなロットで始めると良いだろう)。

最新情報をチェックしよう!