NISAロールオーバー?それとも課税口座へ移管??

NISAロールオーバーとは?

ロールオーバーとは、簡単に言えば「非課税期間を延長すること」です。

NISAの非課税期間は最大5年間です。従って、購入から5年後には非課税期間が満了を迎えるわけですが、このときの選択肢は2つあります。

  1. ロールオーバー
  2. 課税口座(特定口座・一般口座)へ移管

それでは、それぞれのケースについて説明していきます。

ロールーバーする場合

まずロールオーバーしたい場合、5年後に再びNISA口座を作っておく必要があります。NISAでは、最初の5年が経過した後、次の5年間新たなNISA口座で非課税期間を設けることができます。

例えば、2015年に開設したNISA口座の満了は2019年ですが、このタイミングで新たにNISA口座を開設することができます。新しいNISA口座は2020年から2024年までになります。

ロールオーバーする場合、以下の2つのケースにおいて、状況が変わってきます。

  1. NISA終了時点での価格が120万円以上の場合
  2. NISA終了時点での価格が120万円未満の場合

それでは、それぞれのケースにおいて詳しく説明していきます。

NISA終了時点での価格が120万円以上の場合

わかりやすいように、購入価格を100万円とします。5年後のNISA口座満了時点で150万円になっていたとします。

通常NISA口座の年間限度額は120万円までと決まっています。しかし、この場合の150万円は、新たに開設したNISA口座に全額ロールオーバーすることができます。

しかし、ロールオーバーした年には、NISA口座を使って買い増しすることはできません(この年の限度額を使いきっているということになる)。

NISA終了時点での価格が120万円未満の場合

100万円で購入したけど、NISA口座満了時点で80万円になってしまったとします(20万円の元本割れ)。

この場合も全額(80万円)ロールオーバーできます。さらに、ロールオーバー時点での価格が80万円なので追加で40万円の新たな投資をすることができます。

課税口座へ移管する場合

ロールオーバーしない場合、投資した年から5年後に自動的に課税口座へ移管されます。従って、私たちが特にする手続きはありません。

NISA口座から課税口座へ移管する場合、気になるのは課税額がどのくらいになるのかということと思います。

課税額はケースによって異なります。具体的には4通りのケースが考えられます。

  1. 購入価格より課税口座に移管時の価格が高く、売却時の価格がさらに高い場合
  2. 購入価格より課税口座に移管時の価格が安く、売却時の価格が購入価格よりも高い場合
  3. 購入価格より課税口座に移管時の価格が高く、売却時の価格が移管時の価格よりも安い場合
  4. 購入価格より課税口座に移管時の価格が安く、売却時の価格が移管時の価格よりも安い場合

何だかややこしいですので、もう少し具体的に説明していきます。

ちなみに、課税されるのは1番と2番のケースです。3番と4番のケースでは、元本割れしているため課税されません。よって、ここでは説明を省略します。

それでは、わかりやすくするために、1番と2番のケースにおいて購入価格を100万円として、シミュレーションしていきましょう。

購入価格より課税口座に移管時の価格が高く、売却時の価格がさらに高い場合

2015年にNISA口座で100万円分の株式を取得したとします。NISAの満期は5年後の2019年。この時点(移管時)で120万円になっていたとします。

そして、2年後の2021年に150万円になったところで売却すると、移管時からの値上がり分にだけ課税されます。

この場合の課税対象額は150万円―120万円=30万円となり、実際の課税額は30万円×0.2(20%)=6万円となります。

もし、2015年にNISA口座ではなく、課税口座(特定・一般)で100万円だったものが、2021年に同額の150万円で売却した場合の課税額を計算してみましょう。

その場合、値上がり分が150万円-100万円=50万円になり、これが課税対象額です。つまり、収めなければならない税額は50万円×0.2=10万円となります。

このケースの場合、NISA口座の方が4万円も得をすることになります。

ゴエモン
移管時の価格からの利益が課税されるということだな

購入価格より課税口座に移管時の価格が安く、売却時の価格が購入価格よりも高い場合

2015年にNISA口座で100万円分の株式を取得したとします。NISAの満期2019年の時点(移管時)で80万円に元本割れしてしまったケースです。

しかし、1年後の2021年に晴れて150万円になった(元本割れ回避)ので売却したとします。

この場合の課税対象額は150万円―80万円=70万円となります。従って収めるべき税金は、70万円×0.2(20%)=14万円となります。

 

 

それでは、このケースにおいてNISA口座を使わなかった場合について見てみましょう。

この場合、先ほどシミュレーションしたのと同じになります。つまり、値上がり分が150万円-100万円=50万円になるので、50万円×0.2=10万円を税金として納めることになります

つまり、NISA口座を利用しなかった場合の方が、収める税金は4万円も安く済みます。

「NISA口座のものは非課税」というところだけに注目してしまうと、必ず得するような勘違いをしてしまいます。

このシミュレーションからもわかるように、NISA口座の方が必ずしも得するとは限らないということになります。これは、NISA口座の盲点と言えるでしょう。

以上4つのケースをまとめると以下のようになります。それぞれのケースにおいて、課税額が変わるので注意が必要です。

Name
NISAロールオーバーの時点で元本割れしている場合は要注意だ

まとめ

一般NISA口座をロールオーバーして、5年後に新しい一般NISA口座に移す場合は、税金の心配は要りません。

しかし、一般NISA口座を課税口座へ移す場合、ケースによって課税額は異なってきます。場合によっては、NISA口座の方が多く税金を払わなければならないこともあります(上の表でケース3)。

売却時にはその点をよく考慮するようにしてください。

関連記事

つみたてNISAとは つみたてNISAと一般NISAのもっとも大きな違いは以下の3点です。 つみたてNISAの年間最大投資限度額は40万円(一般NISAは120万円) つみたてNISAの非課税期間は20[…]

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!