【FX・株】勝ち組トレーダーになるための心理学【優位性】

  • 2019年10月22日
  • 2019年10月26日
  • Mental
  • 278view
  • 0件

投資家にとっての最大の障害は何だと思いますか?

個人的にはオーバートレーディング、つまりトレード頻度がいつの間にか増えていってしまうこと。

そういう時は、チャートの値動きを見て、自分の都合の良いように解釈、いわゆる「こじ付けエントリー」をしています。

特に負けが込んでいる時は、その傾向が一層強くなります。しかし、経験的にトレード回数が増えるほど、トレードの成績は低下していくことが多いですね。

理想的なのは、チャンスをピンポイントでとらえていくこと。そのためには、的確なエントリーポイントを見極める観察眼が必要です。

本記事では、勝ち組トレーダーとなるために必須の心理状態に焦点を当てて解説していきます。

「こじ付けエントリー」の背景にある心理状態

「今すぐ相場で金を稼ぎたい」・・・・単刀直入にこれが、多くの投資家の本音です。しかし、この心理状態こそが「こじ付けエントリー」に陥ってしまう原因となっています。

また、以下のような心理状態も無駄にエントリー回数が増えてしまう原因です。

  1. 今エントリーしないと儲けるチャンスを逃してしまう
  2. そもそもエントリーすることで刺激を求めている

1つ目は、いわゆる「機会損失の恐怖」というやつです。勢いよく一方方向に値が動いている時に陥る心理状態です。

2つ目は、ポジポジ病またはトレード中毒です。ポジションを持っていないと心理的に落ち着かなくなっている状態。

とにかく、ポジションを持っていないと不安なのです。こうなってしまうと、かなり重症です。

いずれも、「今すぐ金を儲けたい」という衝動の心理的背景ですが、このような心理状態ではリスク管理が疎かになってしまいます。

結局、「今すぐ金を儲ける」どころか「今すぐ金を相場に溶かす」ことになります。

それでは、相場で利益を得ている投資家たちは「金を儲けたい」と思っていないのでしょうか?

いや、そんなことはありません。彼らも同じように相場(株式やFX)で金を儲けたいと思いながら、トレードをしていますし、実際に利益を上げています。

勝ち組トレーダーの心理学

先ほども書いたように、買っている投資家たちも目的は同じ。投資で利益を得ることです。

しかし、勝っている投資家たちは「投資で金を儲けること」にフォーカスしていません。彼らが重視しているのは、「投資のプロセス」です。

勝ち組トレーダーは、投資プロセスをコントロールできれば、自然とお金はついてくることを知っています。

もう少し具体的にお話します。

投資のプロセスとは、エントリーとエグジットのこと。

また勝ち組トレーダーは、エントリーする瞬間の心の状態をしっかり観察しています。彼らがフォーカスしているのは、お金ではなく心の状態なのです。

エントリーの瞬間の心の状態を観察

金儲けにフォーカスするな!

「お金を儲けることを目的にすること」で「お金を儲けること」ができる、と普通は思うでしょう。目的やゴールを設定するからこそ、目的を達成することができると誰もが考えると思います。

このようにゴールを設定して、それに向けてひたすら努力を重ねるというのは、仕事や勉強などでは正しいアプローチ法です。

「ゴールを設定すること」がトレードでは裏目に

トレードの目標設定

しかし、投資(トレード)では、それが裏目に出てしまうのです。そして、勝ち組トレーダーはそのような思考でトレードをしていません(だから勝ち組なのですが)。

投資の世界に入ってくる以前、おそらく多くの人は仕事や勉強、スポーツでそれなりの成果を上げてきたことが多いことでしょう。

そのような人たちは、前例に倣い投資でも同様のアプローチ法で臨みます。しかし、結果は期待以上に悪いものとなります(大抵大きな損失を被る)。

仕事ができる人ほど投資で大損する

人生において今まで通用していた方法(コツコツと目標に向かって努力を積み重ねる)は、投資では真逆の結果となってしまうのです。

言い換えれば、仕事や勉強ができる優秀な人、物事を完璧にこなさないと気が済まないという完璧主義者ほど、投資の世界では食い物にされる可能性が高いです。

投資の世界で目標設定は無意味

そのような人たちは過去の経験則が、脳みそに刷り込まれていますので、何をするにしても(無意識に)そのパターンでアクションを起こすことになります。

しかし、先にも書いたように、投資の世界にはこの思考法は通用しません。

投資の世界では目標を設定することは無意味だからです。なぜなら、目標をコントロールすることができないからです。

自らのコントロール下にないものを、コントロールしようとすれば苦しむだけです。

投資の世界では努力は報われない

トレードと努力

ですから、投資の世界では「努力は報われる」というのは通用しません。むしろ、努力すればするほど投資で金を失っていきます。

もちろん、ここでの努力というのは、仕事や勉強、スポーツなどでやってきたアプローチ法のことを指します。

多くの人が投資でうまくいかない理由がこれなのです。このことに気づかない限り、投資では常に食い物にされるだけです。

従って、少なくとも投資の世界で生き残っていくためには、大きな発想の転換が必要です。

投資の世界の不確実性に気づき、目標(金を稼ぐこと)のコントロールを止めない限り、相場で勝ち組になることはできないでしょう。

「トレードのプロセス」にのみ集中

ここまで読んでわかると思いますが、「相場で一儲けしよう」と意気込んで、相場に参入すると返り討ちを浴びます(笑)。

なぜなら、相場で儲けられるかどうかは、私たちのコントロール下にないからです。しかし、賢いトレーダーはいつの日かそのことに気づく時がやってきます。

そして、発想の転換が起こります。

コントロールできるものだけにフォーカス

「コントロールできるものだけにフォーカスすればよい」と気づきます。

相場でコントロールできるものは、ただ一つ、「トレードのプロセス」だけです。

トレードのプロセスにフォーカスすることにより、エントリーする時のマインドを静謐な状態に保つことができます。

すると、値動きに一喜一憂することもなくなり、淡々と目の前のやるべきこと(プロセス)を機械的にこなしていくだけになります。

お金は勝手についてくる

しかし、勝ち組トレーダーはそのトレードにおける勝敗の確率は、おおよそ予想しています。ただ、勝敗の確率を予想はしてもコントロールしません。

彼らがコントロールするのは、トレード中の自分のマインド(心)です。

先にも書いたように、トレードのプロセスに集中していれば、マインドは自然とコントロールされてきます。そして、エントリー&エグジットも冷静に対応できるようになります(たとえそれがロスカットだとしても)。

この状態まで到達できれば、投資家はトレードの勝ち負けに対する執着はゼロになっています。

投資家はこのように悟ります。

自分のコントロール下にあるものだけをコントロールしていれば、
お金は勝手についてくる

「相場で勝つ」という思いを絶つ

勝ち組トレーダーとなるためには、相場で勝つ(生き残る)という強い意志が必要なのは確かです。

しかし、トレード中はそのことは一切忘れなければなりません。

なぜなら、相場での勝ち負けは未来の出来事であり、実際にどうなるかはわかりません。まさに不確実なことであり、コントロールできないものです。

マイルールに忠実に従いトレードをしたとしても、そのトレードで利益を得る確証はまったくないのです。

唯一言えることは、優位性の高いエントリーポイントならば、そのトレードにおいて利益を得る可能性が高いということだけです。

別の言い方をすれば、どんなに優位性の高いエントリーポイントであっても、ロスカットしなければならないケースも出てきます。

しかし、心の中に「勝つことに強いこだわり」がある場合、ロスカットしなければならないタイミングでロスカットができなくなってしまいます。

大切なのは、トレード中は勝つことへのこだわりを完全に捨てることです。

常に優位性を考えてトレード

トレードに集中

勝ち組トレーダーは、常に優位性を考えてトレードしています。優位性というのは、エントリーポイントに対するリスクリワード比のことです。

「勝つこと」ではなく、「勝つ確率」を考えてエントリーポイントを判断しています。

しかし、「勝つ確率」もその投資家が勝手に推測したものです。結果がどうなるかは、まったくわかりません。

そもそも、結果をコントロールすることはできませんので、そこにフォーカスする必要はないのです。結果をコントロールしようとすると、ほぼ確実に負けます(笑)。

しかし、トレードのプロセスに集中しマインドをコントロールできれば、優位性はあなたに傾いてくるはずです(つまり、勝てるトレードが増えてくる)。

その域まで達すると、トレードで勝って興奮することも、負けて落胆することもなくなります。そして、ただ存在するのは、トレードのプロセスのみです。

つまり、エントリーとエグジットだけ。なぜなら、投資家自らの意思でコントロールできるのは、エントリー&エグジット、それにマインドだけだからです。

まとめ

いかがでしたか?

勝ち組トレーダーとなるためには、いかにマインドの状態が大切であるかが理解できたと思います。

特に大切なのは、「コントロールできること」と「コントロールできないこと」をしっかりと区別すること。

以下にそれぞれまとめておきます。

コントロールできること

  • マインド
  • エントリーポイント
  • エグジットポイント

(トレードのプロセス=エントリー&エグジット)

コントロールできないこと

  • トレードの結果
  • トレードで勝つ確率
  • 値動き

至極当たり前のことなのですが、ほとんどの投資家はこの当たり前のことが理解できていないから、退場していくのです。

関連記事

関連記事

エントリーの前に必ず確認しなければならないのが、リスクリワードレシオ(レシオとは比率のこと)である。 リワードというのは、直訳すると「報酬」となる。相場では「想定される利益」と考えればよいだろう.。一方、リスクは「想定され[…]

関連記事

トレードにおいて損小利大は鉄則です。しかし、特に投資初心者の方にとっては、損小利大のトレードを意識すると、どうしても勝てないという人が多いと思います。私もかつてそうでした。 損小利大のためには、ただやみくもにデモトレードで練習してもな[…]

関連記事

相場には多くのリスクが潜んでいます。しかし、リスクを恐れてアクションを起こさなければ何も得るものはありません。これは人生でも同じですね。 逆説的に考えてみましょう。物事には必ず両面があります。つまり、リスクがあるということ[…]

 

勝ち組トレーダー
最新情報をチェックしよう!