トレードで犯す4つのミスと予防法

FXや株のトレードでは、合理的思考が必要です。合理的思考を心がければ、感情的なトレードは必然的に少なくなるはずです。

しかし、そのためにはある程度の規律(マイルール)が必要になります。

なぜなら、感情を直接的にコントロールすることはとても難しいからです。

本記事では、トレードにおいて多くの投資家が犯す以下の代表的な4つの間違いについて解説していきます。

  1. だらだらとトレードしてしまう
  2. 開場直後にジャンピングキャッチ
  3. トレード中にながら作業
  4. 無計画なトレード

だらだらとトレードしてしまう

株のトレードは時間が決まっていますが、FXはほぼ24時間市場がオープンしているため、延々とトレードすることができます。

しかし、これは精神的にも疲弊しますし、得てしてとても非効率的なやり方です。

この問題に陥っている投資家の中には、ポジポジ病に罹っている人もいます。ポジポジ病については、以下の記事で詳しく解説してあるので、そちらを参照してください。

参考記事;ポジポジ病を治すもっとも確実な方法

この問題の解決策は、マイルールを決めることです。一日の中でトレードする時間を決め、それ以外はチャートを開かないようにします。

そして、この手の問題を抱えている投資家に多いのが、「機会損失の恐怖」を抱いているケースです。

これは、かなり根深い心理的・感情的な問題です。投資家として成功するためには必ず克服する必要があります。

参考記事;【投資家の心理】欲と恐怖を克服し相場で生き残る方法

開場直後にジャンピングキャッチ

前日からの流れを把握しているならば、開場直後にすぐにエントリーしても構いません(実際は私もしばしば行います)。

しかし、投資初心者にはお勧めしないトレード法です。

なぜなら、開場直後はノイズが多く値動きの方向感に欠けていることが多いからです。値動きがランダムなので、ギャンブルトレードに近い状態です。

従って、開場直後のエントリーは避け、少なくとも15分から30分まで、もしくは値動きの方向感がつかめるまで待つのが得策です。

トレード中にながら作業

ながら作業、いわゆるマルチタスクというやつです。

マルチタスクをしている時、集中力は極度に落ちています。

一方、トレードには高い集中力が要求されるため、マルチタスクはトレードでのミスを誘発する可能性が高いのです。

また、マルチタスクは脳への負荷を高めることもわかっており、それが大きなストレスとなっている可能性があります。

マルチタスクは脳内でストレスホルモンの一種であるコルチゾールの分泌を促進する効果があることが今までの研究で判明しています。

コルチゾールは脳に刺激を与えて思考を妨げる作用があり、これによりマルチタスク中は頭に霧がかかったような状態になって集中力を失ってしまうとのこと。

さらに、脳がマルチタスクからの刺激を絶えず求めるようになってしまう作用もあり、マルチタスクのために脳を酷使すると結果的に集中力や注意力が欠如してしまうそうです

(参考;「マルチタスクは集中力を欠落させる」などデジタル社会が脳に及ぼす悪影響とは? – GIGAZINE https://gigazine.net/news/20150119-tech-bad-brain/)

トレードを行っている時は、チャート上の値動きにのみ集中し、それ以外のことは忘れるようにしてください。

無計画なトレード

無計画なトレードは、ギャンブルと同じです。

エントリーする時は、エントリーの根拠が明確である必要があります。「なんとなく」でエントリーしているのなら、遅かれ早かれ退場が待っています。

エントリーの際に確認すべき項目には以下の通りです。

  1. エグジットポイント
  2. ロスカットポイント
  3. リスクリワード比

エグジットとロスカットのポイントが決まれば、リスクリワード比は自動的に決まります。

リスクリワード比については、以下の記事をご参照ください。

参考記事;トレードで損小利大のトレードを実現させる方法

まとめ

もう一度、以上を箇条書きでまとめておきます。

  1. だらだらとトレードしてしまう
  2. 開場直後にジャンピングキャッチ
  3. トレード中にながら作業
  4. 無計画なトレード

上記以外にもトレーダーが知らぬ間にやってしまっているミスはありますが、特に今回ご紹介した4つのミスは多かれ少なかれ犯してしまっていることがあるものです。

また、上記の4つは習慣化してしまっている場合もありますので、意識的に正すようにしていきましょう。

関連記事

関連記事

トレードにおいて損小利大は鉄則です。しかし、特に投資初心者の方にとっては、損小利大のトレードを意識すると、どうしても勝てないという人が多いと思います。私もかつてそうでした。 損小利大のためには、ただやみくもにデモトレードで練習してもな[…]

関連記事

スイングトレードとは、中長期でポジションを保有(数日から数か月)して比較的大き目の利益(pips)を狙うトレード手法のことです。 利益が大きい分、他のトレードスタイルに比べ損失も大きくなりがちです。従って、ロスカット(損切り)は確実に[…]

関連記事

投資家にとっての最大の障害は何だと思いますか? 個人的にはオーバートレーディング、つまりトレード頻度がいつの間にか増えていってしまうこと。 そういう時は、チャートの値動きを見て、自分の都合の良いように解釈、いわゆる「こじ付けエン[…]

勝ち組トレーダー
関連記事

相場には多くのリスクが潜んでいます。しかし、リスクを恐れてアクションを起こさなければ何も得るものはありません。これは人生でも同じですね。 逆説的に考えてみましょう。物事には必ず両面があります。つまり、リスクがあるということ[…]

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!