勝ち組トレーダーになるための思考パターン

市場で利益を上げているトレーダーは、全体の10%ほどであると言われています。

もちろん、彼らはテクニカル分析やファンダメンタルズ分析に精通していることは確かです。しかし、それだけではありません。いや、それはトレーダーとしての成功のごく一部に過ぎません。

勝ち組トレーダーは、他のトレーダーとは異なる視点で市場を見ています。

本記事では、勝ち組トレーダーのメンタルについて解説してみたいと思います。

勝っているトレーダーと負けているトレーダーの違い

多くのトレーダーは、トレードで勝つための”聖杯”を探しに奔走しています。しかし、”聖杯”などはどこにも存在しません。

勝っているトレーダーと負けているトレーダーの違いは何だと思いますか?

それは、市場に対する考え方です。勝っているトレーダーの視点は、負けているトレーダーの視点とは大きな差があります。

一般的なトレーダーは、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析、リスク管理などに注力すると思います(もちろん、これらは全て大切なことです)。

しかし、勝っているトレーダーは、一般的に重要だと考えていることに対して、我々が考えているほど重視していません。

負けているトレーダーはバイアスに気づいていない

私たちは常に何かを考えています。しかし、それらの思考はほぼ無意識に行われています。つまり、自分が何を考えているのかに気づいていません。

つまり、平均的なトレーダー(負けているトレーダー)は、自分が考えていることに余りにも無防備であるため、その思考に振り回されています(コントロールされている)。

例えば、その典型的な例にバイアスがあります。

バイアスに気づいていないため、自分の都合の良い情報ばかりを探し求める傾向があります。

また、欲や怒りにコントロールされてエントリーやエグジットをしてしまいます。

さらに、表面的な問題にばかり惑わされ、その問題の背後に隠れている本質的な問題には気づきません。そのため、ニュース・報道を額面通りに受け取り、それらに振り回されてしまいます。

そして、負けているトレーダーのもう一つの特徴は、自分の意見・考えが絶対的に正しいと信じており、それを否定してくる人間に対して攻撃的になります。

これが、殆ど(90%)の負けているトレーダーの考え方のスタンスです。この歪んだ考え方・ものの見方から抜け出すのは容易ではありません。

しかし、残り10%の勝っているトレーダーの仲間に入るためには、思考パターンは変える必要があります。

それでは、ここから具体的に勝っているトレーダーの思考パターンについて解説していきます。

勝っているトレーダーの思考パターン

因果関係を客観視

勝っているトレーダーは、原因から結果までの一連の流れ全体を観察しています。

(負けているトレーダーは結果にのみフォーカスしてしまいがち)

つまり、物事の因果関係を客観的に見ることができています。

大局観

コロナショックを例に挙げてみます。

市場で勝っているトレーダーが、スーパーに並んでトイレットペーパーを買い占めていると思いますか?

勝っているトレーダーは目先の大衆の動きに惑わされることはありません。彼らは、市場全体を観察し、そこからチャンスを見出すことができます。

異なる視点

勝っているトレーダーは、一つの問題に対し様々な角度からアプローチします。

このような思考ができるようになるためには、物事を客観的に見ることができなければなりません。バイアスが強ければ、物事の一側面しか見ることができなくなります。

メンタルモデル

人それぞれ物事の解釈の仕方が異なります。

メンタルモデルとは、そのことを前提に想定される物事の考え方のパターンのことです。

勝っているトレーダーは、メンタルモデルの存在を熟知しています。従って、一つの情報に対して他人がどのように反応するかについて手に取るようにわかってしまいます。

自信

勝っているトレーダーは、自分の能力、トレードシステムを信頼しており、他者からの承認を必要としていません。

また、自分にとって必要のない情報(ノイズ)を敏感にふるいにかけることができるので、ノイズに惑わされることもありません。

思考を深めるための6つのステップ

目標を設定

まずは目標を設定します。しかし、一つ注意が必要です。

それは、「目標は設定するものの、目標の到達にはこだわらないこと」です。

この部分にこだわってしまうと、ロスカットしなければならない場面でできなくなります。要注意です。

独りの時間を持つ

ウォーレンバフェットはこんなことを言っています。

誰もいない部屋で独りでトレードについて思索しなさい。もしそれがうまくいかないのなら、他の何もうまくいくことはないだろう。

 

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ 若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学

常に疑問を持つ

もし、理解できないことがあったら、その答えを得るために様々な知識を得ようと努めてください。

そのように知識を積み上げていくことで、一歩一歩トレーダーとして進化してしくことができます。

インプット

トレードに関する知識(テクニカル&ファンダメンタルズ分析)だけでなく、経済や金融、心理学、哲学など幅広い知識を身につけるようにしましょう。

広範な知識を身に着けることで、物事を多面的にとらえることができるようになります。

アウトプット

広範な知識のインプットができたら、次のステップはアウトプットです。

インプットでも大きな学びを得ることはできます。しかし、効率を考えた場合、アウトプットは最強の学習法と言えます。

アウトプットすることで、自分の考えがより明確になります。また、文章にすることで自分の考えを客観的に見直すこともできます。

瞑想

瞑想によって、以下の2つの力を鍛えることができます。

  1. 集中力
  2. 客観力

どちらもトレーダーにとって必要なものです。

まとめ

トレードの世界で成功しているトレーダーは、必ずしもここまで解説してきた能力を持っているわけではありませんでした。

彼らはみな、意識的に勝つための思考パターンを身に着けています。

従って、一部の天才トレーダーを除いて、このような思考パターンは訓練しなければ修得できません。

言い方を変えれば、訓練しなければいつまで経っても身に付かないということです。つまり、いつまで経っても負け組トレーダーのままということになります。

本記事で解説したことを実践して、是非とも勝てるトレーダーに成長していってください。

関連記事

関連記事

  トレーダーが克服すべき2つの感情 成功しているトレーダーは、相場心理学に基づくトレードをしています。 相場心理学については、ブログやYoutube、書籍などで学ぶことが可能なので、興味のある人はいろいろと調べてみるの[…]

関連記事

株価は一方的に右肩上がりとなることはありません。通常は上がったり下がったりを繰り返しがら、トレンドを形成していきます。 ファンダメンタルズも同じです。悪材料が出尽くすと、徐々に好材料が出始めてきます。 このように株式の世界は、一[…]

勝ち組トレーダー
関連記事

投資家にとっての最大の障害は何だと思いますか? 個人的にはオーバートレーディング、つまりトレード頻度がいつの間にか増えていってしまうこと。 そういう時は、チャートの値動きを見て、自分の都合の良いように解釈、いわゆる「こじ付けエン[…]

勝ち組トレーダー
関連記事

投資家の心理によってチャートの値動きは決まります。言い方を変えれば、投資家の心理状態の総意がチャートとして現れるのです。 よって、投資をする上で投資家の心理を推測することはとても大切です。「そんなの無理」と思うかもしれませんが、ある程[…]

投資家心理

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

投資家心理
最新情報をチェックしよう!