【NY金】米経済刺激策が合意されれば金価格は爆上げ

  • 2020年10月20日
  • 2020年10月20日
  • NY金
  • 825view
  • 0件

17時54分現在の金価格は1902ドル。

本日ここまでの安値は1894ドルとなっている。

高値は1904ドル。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

直近1週間は特にボラティリティの低い展開となっている。

また、出来高も漸減が続いている。

大統領選を前にして投資家らの慎重姿勢が強まってきているのだろう。

現在は見ての通り三角持ち合いの様相を呈している。

出来れば1800ドル台後半のポジションは、大統領選前に利確しておきたいところである。

昨日の高値付近までの上昇があれば、利確する予定である。

次に4時間足チャート。

NY金4時間足チャート

直近2日間でさらにボラティリティが縮小している。

上値は200EMAが意識されているようである。

そうなると、高値はせいぜい1910ドル付近までになるだろうか。

ところで、米10年債利回りが徐々に上値を伸ばしてきている。

米10年債利回り日足チャート

まだ依然として低い位置をキープしている者の、下値を徐々に切り上げてきており、とても不気味な値動きだ。

金価格にとってはもちろんだが、株価にもネガティブな影響を与える。

最後にドルインデックスの日足チャート。

ドルインデックス日足チャート

こちらは軟調な値動きとなっている。

低位安定といったところ。

NY金にとってはポジティブである。

最近の金価格はドルからの影響を強く受けているので、今晩は上昇圧力が高まるかもしれない。

欧米時間が楽しみである。

そして、最後にこれ。

米経済刺激策

 

今の相場を支えているのは、財政&金融政策のみ。

本日、何らかの結論が出なければ、株価は大暴落する。

NY金も連れ安となるだろう。

しかし、民主党、共和党ともにそんなことは百も承知である。

両党ともに大統領選前に株価を暴落させたくないであろうから、市場の期待に沿う回答があると思う。

取り急ぎ以上!

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金;ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;1798.49L×200、1796.88L×300、1795.84L×300、1869.38L×300、1892.58L×100、1895.65L×300、1894.54L×200、1897.44L×200、1898.43L×100、1895.30L×300、1897.92L×100、1893.83L×300
応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!