トランプ再選でもバイデン大統領誕生でも米株価は安泰の理由

  • 2020年10月25日
  • 2020年10月26日
  • Fundamentals
  • 745view
  • 1件

先週以下のようなツイートをしました。

11月3日(火)はアメリカで大統領選挙が行われます。

おそらく、4年前の大統領選挙以上に注目している人が多いかもしれません。

そして、現在、アメリカのメディアはバイデン優勢という見方が多いようです。

ただし、殆どのメディアはバイデンより、というよりは「反トランプ」なのでほぼ当てになりません。

これは4年前の大統領選挙と同じです。

トランプから散々Fake Newsと叩かれているメディアとしては、トランプ再選は感情的に嫌なのでしょう。

上のツイートでは3つの可能性に言及しました。

  1. トランプ再選
  2. バイデン大統領誕生
  3. バイデン大統領誕生⇒トランプごねる

これら3つのパターンについて解説していきます。

トランプ再選

おそらく、株式投資をしている人であれば、トランプ再選を望んでいる人が多いと思います。

先ほど書いたように、世論調査によればバイデンが大差をつけてリードしているようですが、こればかりは蓋を開けてみるまでわかりません。

先週末の時点で期日前投票を終えた人が全体の1/3ということなので、本格的な投票はこれから11月3日までの10日間です。

個人的にはトランプが再選するような気がしています。

トランプが再選されれば、今後の財政政策についてこれまでと同じ方針を踏襲していく可能性が高いからです。

つまり、アメリカ経済の危機が続く限り、異次元の金融緩和が続くことになります。

その場合、当然ながら株価は上昇トレンドを継続させるはずです。

 

バイデン大統領誕生

一方、バイデンが大統領になった場合はどうでしょうか。

そもそも、現在既に市場はバイデン大統領を少しずつ織り込み始めています。

株価はどうなっているでしょうか?

直近の数週間はもみ合いとなっていますが、NYダウは28,000ドル台をキープしています。

つまり高止まり状態です。

つまり、市場はバイデン大統領誕生でも株価は堅調を維持すると考えているのです。

その理由は、バイデンが大統領になった場合、上院と下院の捻れが解消される可能性が出てくるからです。

上下院の捻れが解消された場合、法案が通りやすくなるというメリットがあります。

つまり、バイデン大統領誕生なら上下院の捻れが解消され、「今まで以上に大規模な財政出動が行われるのではないか」という思惑が市場に広がっているのです。

これが、現在の米株価高止まりの理由です。

従って、バイデン大統領が決まれば、NYダウは一気に30,000ドルを目指す展開になるかもしれません。

バイデンの税制改革

市場の懸念はバイデンが提唱している税制改革です。

トランプは税制において金持ちを優遇してきました(これが、中流階級層がトランプを嫌う理由の一つ)。

しかし、バイデンはそれを大幅に変更すると明言しています。

例えば、株式の売買によって得られた利益に対しては、現行の10%から20%にすると言っています。

投資をしている人のほとんどは資金に余裕がある金持ちです。

これが実施されれば、株価に対してはネガティブに作用します。

しかし、まだ市場はこのことは無視しています(織り込んでいません)。

彼が大統領に就任してしばらくしてから、意識されてくることと思います。

よって、来年、つまり2021年中はアメリカ株は安泰と考えています。

 

クリーンエネルギーにシフト

まずはこちらのツイートをご覧ください。

 

バイデンは石油からクリーンエネルギーへシフトすると言っています。

つまり、現在の石油産業を壊し、それらをクリーンエネルギー(太陽光、風力など)産業へとシフトさせるということです。

この考え方自体、個人的には大賛成です。

また、世の中の流れは確実にクリーンエネルギーへと向かっています。

ただし、アメリカの石油産業はとても大きいです。現にアメリカの原油生産量は今や世界一であり、アメリカは原油の輸出国になっています。

もし、本格的にクリーンエネルギーへのシフトが始まったら、石油産業は大打撃を受けます(当たり前ですが)。

ただし、石油産業もビジネスを多角化しており、急激なシフトでなければ、ダメージは一時的だと思われます。

ちなみに、上のツイートではテスラについて触れています。

もちろん、現在テスラ株を仕込み中です。

バイデン大統領誕生⇒トランプごねる

バイデンが大統領になった場合、かなり高い確率でトランプはごねると思います。

そして、場合によっては裁判となります。

そうなると、アメリカの政治が停滞します。もちろん、Stimulus(財政出動)もしばらく期待できません。

市場は不確定要素を嫌うので、株価はかなり下落することになります。

市場にとって、これが一番の懸念です。

過去にはこんなことがありました。

何といっても市場は不確定要素を嫌います。

大統領がはっきり決まらなければ、株価が軟調になる可能性が高いですね。

 

しかし、基本的には2021年以降も米株は上昇トレンドを継続させる可能性が高いと考えています。

つまり、もしバイデン大統領⇒トランプごねるのパターンになった場合、アメリカ株は絶好の仕込み場となるでしょう。

結論

従って、トランプが再選しても、バイデンが大統領になっても、結局アメリカ株は上昇トレンドを継続させると考えています。

 

一番大切なのは、アメリカが「異次元金融緩和」を続けるかどうかです。

大統領選はノイズに過ぎません。

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!