【NY金】金価格上昇にとってポジティブな相場環境が続く

  • 2020年11月18日
  • 2020年11月18日
  • NY金
  • 782view
  • 0件

17時26分現在の金価格は1883ドル。

今日もボラティリティの縮小が続いている。

始値1880ドルよりわずか3ドル程度の上昇幅にとどまっている。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

ここまでの高値は1883ドル、安値は1875ドルとなっている。

まずは昨日の高値1893ドルが上値ターゲットであるが、これだけボラティリティが縮小していると余り期待はできない。

また、世界的にコロナ感染者数が増加傾向にあり、連日最高値を更新している国もある。

東京でも本日、493人の感染者数を確認している。

Yahoo!ニュース

 関係者によると、きょう都が確認した新型コロナウイルスの新たな感染者は過去最多の493人だった。都は感染状況の警戒レベル…

ワクチンが報道が相次いでいるが、コロナ終息にはまだまだ時間がかかりそうである。

コロナ相場はもうしばらく続きそうだ。

次に米10年債利回りの日足チャートを見てみよう。

米10年債利回り日足チャート

本日ここまではやや軟調に推移している。

現在再び0.9ポイントを下回ってきており、金価格にとってはポジティブである。

5EMAを割ってくれたら、さらにNY金には上昇圧力が働くことになる。

最後にドルインデックスの日足チャート。

ドルインデックス日足チャート

ドル安が進行中。

これもNY金にとってはポジティブである。

つまり、今の市場環境は金価格にはそれなりの上昇圧力がかかっていることになる。

NY時間でどのような展開になるか楽しみである。

取り急ぎ以上!

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金;、ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;1798.49L×200、1796.88L×300、1795.84L×300、1866.43L×100、1867.21L×200、1863.42L×300、1884.43L×200、1883.63L×300

 

応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!