【NIO, LI, XPEV】2020年の納車台数アップデート

  • 2021年1月6日
  • 2021年1月6日
  • Stock
  • 538view
  • 0件

 

NIO納車台数アップデート

  • 2020年12月のNIOの納車台数は7,007台(前年比121.0%増)
  • 2020年Q4のNIOの納車台数は17,353台(前年同期比111.0%増)
  • NIOの2020年の累計納車台数は4万3728台(前年比112.6%増)
  • 2020年12月31日時点でのES8、ES6、EC6の累計出荷量は75,641台

 

2020年12月のNIOの納車台数は7,007台となり、前年同月比121.0%増の大幅な伸びを記録しました。

内訳は以下の通りです。

  • 6人乗り・7人乗りのSUV「ES8」2,009台
  • 5人乗りSUV「ES6」2,493台
  • 5人乗りクーペSUV「EC6」2,505台

NIOの2020年第4四半期の納車台数は17,353台で、前年同期比111.0%増となり、四半期ガイダンスの上限を上回りました。

2020年12月31日現在、ES8、ES6、EC6の累計納車台数は75,641台に達し、そのうち4万3,728台が2020年に納車されています。

Li Auto納車台数アップデート

  • 2020年Q4の納入台数は14,464台
  • 2020年の累計納入台数は32,624台(前年比108%増)

第4四半期の当社の納入台数は14,464台に達し、第3四半期の納入台数を67.0%上回り、当社のガイダンスの上端を20.5%上回りました。

また12月のLi ONEの受注件数は、過去最高を記録しました。これは前年比500%の増加に当たります。

さらに、2020年12月18日時点で、Li ONEの累計納車台数が3万台を突破しています。2019年12月4日に納車を開始してからわずか12ヶ月強で達成されています。EVメーカーの最速記録です。

 

 

Xpen納車台数アップデート

  • 2020年12月の月間納車台数は過去最高の5,700台(前年同月比326%増、前月比35%増)
  • 2020年Q4の納車台数は12,964台で過去最高(前年同期比303%増、2020年第3四半期比51%増)
  • 2020年のXpengの納車台数は2万7,041台(前年比112%増)

 

Xpengは、2020年12月のスマートEVの月間納車台数5,700台を達成しています。

内訳は以下の通りです。

  • スポーツスマートセダン「P7」が過去最高の3,691台
  • スマートコンパクトSUV「G3」が2,009台

12月の実績は、前年同月比326%増、11月比35%増となりました。

2020年第4四半期に合計12,964台のスマートEVを納車しました。

これは、前年同期比303%増、2020年第3四半期比51%増と、四半期としては過去最高の納車台数となっています。

2020年第4四半期には、8,527台のP7が納車されました。

2020年12月31日での累計納入台数は27,041台に達し、前年比112%の増加しました。

P7の年間累計納入台数は、6月末に大量納入を開始し、15,062台に達しました。

2020年には合計11,979台のG3が納車されています。

まとめ

 

納入台数だけを比較すると、NIOが他の2社を引き離しで独走しています。

しかし、Li autoとXpengは特に2020年12月の前年同期比からの増加率が激増しており、2020年後半にかけてものすごい勢いで追い上げているのがわかります。

 

チャート比較

こちらはNIO, LI, XPEVの3社を割合(%)で比較したチャートです。

このチャートを見てもわかるように、NIOのパフォーマンスが2社を引き離しています。

一方、Li autoとXpengは似たような値動きをしています。

もちろん、これはNIOがこれら3社の中で最初にアメリカに上場しているからとも言えます。

しかし、NIOが他の2社とは異なり大きなアドバンテージを持っているのも確かです。

一つ目はバッテリースワップサービスです。

現在、EVセクターを牽引しているのは、NIO, LI, XPEV、そしてテスラ(TSLA)ですが、唯一NIOだけがバッテリースワップのサービスを行っています(バッテリースワップとはバッテリー交換サービスのこと)。

また、中国当局はバッテリーを交換できるEVに対してのみ補助金を出していることも、NIOにとって大きなアドバンテージとなっています。

ただ、先ほども解説したように、Li autoとXpengは2020年後半にかけて納車台数をかなり伸ばしてきています。

また、NIOと比べて出遅れ感があるため、NIOに乗り遅れた人にとっては投資妙味があると思います。

関連動画

 

ブログ村ランキング応援お願いします!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

 

関連記事

 

関連記事

NIOの株価は12月4日の安値39.5ドルで反転した後、先週末の高値48ドルまでおよそ10ドル弱と上昇となっています。 ここまでの高値は1月24日の57.2ドルですが、ここから年末にかけてこの高値を試してくる展開になるかもしれません。[…]

 

関連記事

2020年11月16日現在のNIOの株価は43.50ドルとなっています。 NIOは11月24日に高値57.20ドルを付けて以来、軟調な値動きが継続しています。 NIOの株価が軟調になっている原因には2つあります。 1つ目は[…]

 

関連記事

現在(2020年11月)、株式市場でホットなセクターの一つが、テスラ(TSLA)やNIO、Li Auto(LI)、Xpeng(XPEV)に代表されるEVセクターです。 特にNIOは「中国のテスラ」と呼ばれるほど、今後の躍進が期待されて[…]

 

関連記事

2020年現在、中国には雨後の筍のごとくEV車の生産メーカーが立ち上がっています。 現在、中国のEVメーカーは世界のEV車販売台数の50%以上を占めています。 また中国政府は2025年までに、中国国内で販売される新車の25%をE[…]

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!