金融相場と業績相場

  • 2021年2月18日
  • 2021年2月18日
  • Fundamentals
  • 112view
  • 0件

現在の相場は市場にお金が有り余っている状態。

そして、それらのお金は行き場を求めて、株式や商品、そしてビットコインへと流れている。

それが、連日連騰の要因である(ゴールドを除き(笑))。

今日、こんなツイートをした。

実体経済との乖離

結構、反響があったツイートとなっている。

株価が割高と言っている人が、その理由として必ず言うのが「実体経済との乖離」である。

コロナによる経済的ダメージで、いくつもの企業が倒産を余儀なくされ、旅行業界、飲食業界は瀕死の状態である。

それにも関わらず、ダウやS&P500、ナスダックは連日連騰しているわけだから、明らかに株価と実体経済は乖離している。

その部分の主張は間違っていない。

しかし、金融相場における株価は、企業業績を基準にしていないのである。

金融相場における株価上昇の要因

金融相場における株価は 、以下のツイートにまとめてある。

 

もっとも大切なのは、市場に大量のお金が入っていること。

ただそれだけである。

この大前提がなくならない限り、オートマチックに株価は上昇していく。

従って、市場が「テーパーリング」を意識し始めた時が、株価が軟調になるタイミングである。

しかし、それはまだまだ先の話である。

おそらく、これから1年は今の状況が続くだろう。

つまり、今が絶好の株の仕込み時であるということだ。

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金;ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;52.11L×100
  • NY金;1821.33L×100、1792.76L×100
応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!