【NY金】1765ドル割れなら再びポジション調整もやむなし

  • 2021年2月18日
  • 2021年2月18日
  • NY金
  • 659view
  • 0件

17時8分現在の金価格は1779ドル。

日中は反動高となっていたが、現在は再び下落基調となっている。

依然として厳しい値動きが続いており、本日も上値の重たい展開となりそうである。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

ここまでの安値は1775ドル。

とりあえず、昨日の安値からは切り上げているが、本格的な値動きはNY時間までわからない。

1765ドルを維持できるかどうかがとても重要である。

そして、そのカギを握るのが米10年債利回りである。

米10年債利回りの日足チャートを見てみよう。

米10年債利回り日足チャート

こちらは、日中やや軟調な値動きとなっていたが、今は下髭付きのローソク足となっている。

しっかりとNY金とは逆相関の動きとなっている。

もし、ここで切り返してくるとなると、再び週足100EMAを試す展開になるのかもしれない。

そうなると、NY金にとっては非常に厳しい状況となる。

さらなるポジション調整もやむを得ないだろう。

米10年債利回りの週足チャートを見てみよう。

米10年債利回り週足チャート

昨日の下落の分が上髭となっている。

ここを下抜けしたのは、今から3年前の2019年3月である。

もし、このラインを上にブレイクアウトしてきた場合、1.5ポイント示現も時間の問題となる。

過去の値動きから推察すると、1.5ポイント付近ではさすがにレンジとなるのではないだろうか。

最後にファンダメンタルズ。

ファンダメンタルズ

まずはこちらの記事。

日本経済新聞

金が下落している。指標となるニューヨーク先物価格は17日に一時1トロイオンス1767ドルと昨年11月30日以来約3カ月ぶ…

NY金から資金流出が起こっているとのこと。

その要因は以下の2点。

  1. 米長期金利の上昇を受け、金利がつかない金から投資家の資金が流出
  2. 株や暗号資産(仮想通貨)のビットコインなどリスク資産の高騰で、短期利益を求める個人投資家の資金が金から他資産へ移動

特に2番の影響が大きいだろう。

取り急ぎ以上!

 

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金;ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;52.11L×100
  • NY金;1821.33L×100、1792.76L×100
応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!