【NY金】ダウ調整終了なら金価格も連れ高する可能性

  • 2021年3月3日
  • 2021年3月3日
  • NY金
  • 761view
  • 0件

17時2分現在の金価格は1733ドル。

本日ここまではやや軟調な値動きとなっている。

安値は1730ドル。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

本日も上値が重たい展開。

昨日は反動高となっているが、戻りは弱い。

昨日の安値1707ドルを維持できるかどうかがポイントとなる。

ここを割ってきたら、いよいよ1700ドルを試してくる展開。

そして、1700ドル割れなら1640ドルまで一気に下落してくるだろう。

しかし、ダウ先物は上昇基調を取り戻しつつある。

NYダウ日足チャート

通常だとダウとNY金は逆相関だが、最近は相関性が強く認められる。

ダウが再び上昇トレンドを再開させれば、NY金も連れ高となる可能性がある。

 

現在、既に昨日の高値付近まで上昇してきている。

底堅さが戻ってきており、先週までの調整は既に終了している可能性がある。

 

次に米10年債利回りの日足チャートを見てみよう。

米10年債利回り日足チャート

こちらは1.4ポイント付近でもみ合いが続いている。

米10年債利回りの値動きが落ち着いてくれれば、株も商品も再び上昇トレンドを再開させるはずである。

歴史的に見て、まだ低いレベルにあるためこの付近で安定してくれれば、NY金にとってはポジティブである。

最後に米長期金利について。

米長期金利の上昇へのFRBのスタンス

こちらが関連記事になります。

トウシル 楽天証券の投資情報メディア

 2月のドル/円は、1月の月足の陽線転換(*)の流れが持続し、円安地合いが続いて陽線となりました。104円後半で始まった…

現在の市場の思惑は以下の3点に集約されるだろう。

  • コロナ感染ペースの鈍化
  • ワクチン接種の加速
  • 追加経済対策への期待

しかし、これらがインフレ懸念を誘発させている。

そして、米長期金利の上昇への思惑にもつながっている。

上のリンク記事からパウエル議長の発言を抜粋しておこう。

  • 経済は雇用と物価の目標からほど遠く、回復には時間がかかる。
  • 物価上昇が長続きするとは予想しておらず、物価目標の達成には3年以上かかる
  • 長期金利の上昇は経済回復への市場の期待の表れであり、過度な懸念は必要ないとの認識
  • ゼロ金利政策を長期間維持する考えを改めて強調

以上をまとめると以下の通り。

現在の長期金利の上昇を容認したが、インフレは一時的であり、経済回復には時間がかかるので金融緩和は長期間続けるとの考え

つまり、FRBは長期金利の上昇に対して容認姿勢ということである。

ただ、市場が不安定化すれば躊躇なく金融緩和を行うということ。

取り急ぎ以上!

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金;1798.30S×100⇒1741.33C

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;ノーポジ

 

 

応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!