懸念は暴落ではなくバブル

  • 2021年3月28日
  • 2021年3月28日
  • Fundamentals
  • 556view
  • 0件

米長期金利は2020年8月に底打ちし、その後一方的に上昇トレンドを継続している。

そして、上昇の勢いが加速し始めたのが2021年2月である。

それに呼応するようにしてハイテクグロース株は大幅に下落している。

米10年債利回りの週足チャートを確認してみよう。

米10年債利回り週足チャート

 

先ほど書いたように、2020年2月以来、7週連続で陽線ローソク足を形成している。

先週久しぶりに陰線引けとなった。

しかし、これは単なる押し目に過ぎず、ここから再び上昇を開始する可能性が高い。

Fedがインフレ容認を公言している以上、米10年債利回りは2%程度までは上昇する可能性が高い。

一方ナスダックは米10年債利回りの上昇の勢いが加速し始めたころ、つまり2021年2月から逆に大きく下落している。

ナスダックの週足チャート

 

しかし、直近の4週間はもみ合いとなっており、底堅さが見え始めている。

現在20EMAで支えられているが、このラインでもう数週間踏ん張ることができれば、上昇トレンドに転換していくだろう。

ライン割れならさらに下落の勢いが加速する可能性が高い。

米10年債利回りが2%となったとき、このラインを維持できてりうかどうかはわからない。

普通に考えれば、それは無理があるが、相場は何が起こるかわからない。

 

暴落ではなくバブルを警戒

本日こんなツイートをした。

 

 

市場が懸念しているのが、今回の下げが調整ではなく、暴落になるのではという懸念である(特にハイテクグロース株)。

しかし、上のツイートにもある限り、バイデン政権は財政支援の手を緩めることはないだろう。

従って、株価が軟調になれば、全力で支えてくるに違いない。

市場もそれを期待しているはずだ。

 

取り急ぎ以上!

 

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金:ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;1737.64S×100

 

応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!