【NY金】野村證券の巨額損失報道で市場はリスクオフへ

  • 2021年3月29日
  • 2021年3月29日
  • NY金
  • 815view
  • 0件

17時17分現在の金価格は1724ドル。

本日ここまでは順調に下値を伸ばしている。

レンジ下限である1720ドルを試してくるかどうかに注目である。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

 

本日ここまでの安値は1723ドル。

現在、市場はややリスクオフへと傾いている。

 

おそらく、野村證券の損失報道が影響していると思われる。

Bloomberg.com

野村ホールディングスは29日、米子会社で顧客との取引に起因し、多額の損害が生じる可能性のある事象が発生したと発表した。当…

野村ホールディングスは29日、米子会社で顧客との取引に起因し、多額の損害が生じる可能性のある事象が発生したと発表した。当該顧客に対する請求額は26日時点での市場価格に基づく試算で約20億ドル(約2200億円)

市場はややざわついているが、おそらく影響は限定的。

このお陰で、NY金はレンジ下限を割ってくる可能性が出てきた。

次に米10年債利回りの日足チャートを見てみよう。

米10年債利回り日足チャート

 

こちらは相変わらず堅調な値動きとなっている。

現在、1.66%付近を推移中である。

現段階では下髭を付けており、ここから上昇基調が強まっていく可能性がある。

再三書いているが、2%までの上昇は既に既定路線だと思う。

ファンダメンタルズ

最後にファンダメンタルズ。

まずはこちらの記事。

JP

*07:50JST NYの視点:今週の注目:バイデン大統領インフラ計画、米雇用統計、ISM、欧中PMI 短期投機家・投資…

 

バイデン大統領は、今週半ばに3兆ドルという巨額の財政支援パッケージの詳細について発表することになっている。

まだ計画の段階であるが、これが実現したらマーケットに対するインパクトは絶大である。

しかし、このパッケージは増税とセット。

上記リンクでは以下のように説明されている。

 

法人税率の21%から28%への引き上げ、個人所得税やキャピタルゲイン税の税率引き上げなどが検討されていると報じられており、中期的には成長にマイナス要因となる可能性は警戒される。

取り急ぎ以上!

 

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金:ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;1737.64S×100

 

応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!