【NY金】日足20EMAからの反転をショート

  • 2021年4月5日
  • 2021年4月5日
  • NY金
  • 555view
  • 0件

16時47分現在の金価格は1725ドル。

本日は開場直後からやや軟調な値動きとなっている。

ちなみに、先ほど予定通りショートを仕掛けてある。

まずは日足チャートを見てみよう。

NY金日足チャート

先週木曜日に上値目途としていた20EMAを少し上に抜けた所で引けた。

そして、今朝の記事にも書いたように、このラインで再び下落基調に転じようとしている。

商品先物をファンダメンタルズ分析しながら投資するコツ。原油、金、日経平均、ダウなど。…

現段階では方向感は乏しいが、NY時間にははっきるするだろう。

万が一、20EMAを超えて上昇していくようならロスカットの予定である。

次に週足チャート。

NY金週足チャート

ここからもう一度100EMAを試してくると予想している。

従って、利確目標価格は1690ドルから1700ドル。

ここからは徐々に上値を切り下げながら、100EMAとの間のレンジ相場が続くと見ている。

ただし、それも全て米長期債利回りの展開次第である。

それでは、米10年債利回りの日足チャートを見てみよう。

米10年債利回り日足チャート

やや上昇となっているが、未だ方向感ははっきりしていない。

こちらもNY時間に明確となるはずだ。

予想としてはここから上値を追う展開だ。

2%までは上昇してくる可能性が高い。

最後にファンダメンタルズ。

ファンダメンタルズ

先ほど書いたように米10年債利回りが2%に到達することは、市場は織り込んできている(既に織り込み済みの可能性もある)。

しかし、以下の記事では米10年債利回りが3%に達する可能性があることを示唆している。

Bloomberg.com

オーストラリア最大の年金基金、オーストラリアンスーパーの投資戦略の中核をなす見方が一つあるとすれば、それは米国債利回りに…

米国債からの資金流出は10年債利回りが3%程度に到達するまで続く見通しだと、オーストラリアンスーパー(運用資産2100億豪ドル=約17兆3200億円)の資産配分責任者、カール・アストリ氏が指摘。これは経済成長を危機にさらし、米金融当局に対応を余儀なくさせるのに十分な高い水準だという。アストリ氏は国債保有を一段と縮小しているほか、株式はバリュー銘柄にシフトしている。

「米10年債利回りが2%に到達したら、ナスダックは10%調整するだろう」という記事をどこかで読んだが、こちらでは3%に達する可能性を示唆している。

個人的見解としては、その前にFedが何らかのアクションを起こすと見ているが、このような可能性も視野に置いておく必要があるだろう。

いずれにせよ、まずは2%で市場がどのような反応を見せるのか興味津々である。

取り急ぎ以上!

 

 

本ブログ主”ゴエモン”のメイン口座
金・原油先物CFD取引ならスプレッド日本最狭のGMOクリック証券一択!

↓↓↓↓↓↓

トレード結果

  • WTI原油;ノートレ
  • NY金:ノートレ

現在のポジション

  • WTI原油;ノーポジ
  • NY金;1727.59S×100

 

応援ポチを忘れないでくれよ!
いつもありがとう!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ゴエモンをツイッターでフォロー

 

 

本ブログの著者「ゴエモン」のメイン証券口座はGMO

  1. ダウ・ジョーンズや会社四季報などの優良な投資情報が無料 ・年会費・口座維持費が無料
  2. 本取引に近い為替レート・取引環境で仮想マネーを使ったバーチャルFX取引が無料
  3. クイック入金・オンライン出金も無料 ・フリーダイヤル24時間サポートも無料
  4. 2018年 HDI格付け調査「問合せ窓口」&「Webサポート部門」で最高評価の”三つ星”を獲得!
  5. 高性能チャート「プラチナチャートプラス」
  6. 操作性が良く、初心者から上級者まですべての投資家を強力にサポートする「はっちゅう君FXプラス」
  7. FX取引のタイミングを逃さない!ブラウザインストール型ツール「FXツールバー」
  8. チャートを見ながら1タップですぐ注文。スマホ専用アプリ「GMOクリック FXneo」

最新情報をチェックしよう!