CATEGORY

Fundamentals

  • 2022年7月16日
  • 0件

安倍首相と日本が文鮮明にとって不可欠になった理由

悲嘆に暮れる高齢者をターゲットにした訪問販売や、著名な政治家の育成などで、統一教会は何十年もかけて日本を最も信頼できる利益センターとして確立してきた。 安倍晋三元首相を暗殺した容疑者が、母親の破産を宗教団体のせいにしたと警察に供述している。 犯人の母親が統一教会の信者であることが明らかになり、日本では長い間論争の的になっていた新興宗教が再び議論の的になった。 報道によれば、犯人の山上徹也容疑者は、 […]

  • 2022年7月14日
  • 0件

来年の金利引き下げを予測するアナリストたち

【本記事の要点】 ウニクレディトのエリック・ニールセン氏はCNBCに、「FRBが来年末に向けて利下げに踏み切る可能性は非常に高い」と語った。 この発言は、米国とユーロ圏の経済がともに景気後退に直面する可能性があるという懸念が高まるなかでのものだ。 アトランタ連銀のGDPNowトラッカーは、今年1~3月期のGDPが1.6%減少したのに続き、第2四半期も1%縮小すると予想している。   世界 […]

  • 2022年7月13日
  • 0件

安倍晋三元首相の功績を振り返る

NHKによると、戦後最も強力な指導者の一人である安倍晋三元首相が金曜日、大阪近郊の奈良で行われた選挙イベントに出席中に銃で撃たれ暗殺されたと発表した。67歳だった。 安倍首相は、2006年から2007年まで首相を務めた後、2012年から2020年まで再び日本の最高政治責任者の座についた。 安倍首相が率いる中道右派の自由民主党は、1955年の結党以来、日本の政治を支配してきた。 2020年8月に病気 […]

  • 2022年7月10日
  • 2022年7月10日
  • 0件

【チャーリー・マンガー】金持ちになるために理解しておくべきこと

チャーリーは投資界の伝説的存在です。 彼が学んだお金持ちになる方法、投資戦略、そして億万長者への道のりをご紹介します。 「毎日、目覚めたときよりも少し賢くなるように過ごすことだ。一日一日、そして一日の終わりに。長生きすれば、人生から自分にふさわしいものを得ることができるだろう」– チャーリー・マンガー 「未来を決定する上で、歴史ほど優れた教師はいない…30冊の歴史の本の中に […]

  • 2022年7月8日
  • 2022年7月8日
  • 0件

イーロン・マスクが語る「何でも学ぶ方法」

オートディダクトとは、独学で学ぶ人のことです。 彼らは、まず自分が何を学びたいかを数値化し、次に自分が知るべきことを学ぶのに最適な情報源を特定し、最後に自分が知るべきことを学ぶための作業を行う方法を知っている人たちです。 そして、学んだことを実践し、目標を達成するのが最後のステップです。これがイーロン・マスクのプロセスです。 イーロン・マスクはポリマスか? イーロン・マスクは現代の真のポリマスであ […]

  • 2022年7月7日
  • 2022年7月7日
  • 0件

【レイ・ダリオの警告】ほとんどの人は、これから何が起こるかわかっていない

レイ・ダリオは1975年にブリッジウォーター・アソシエイツを設立し、2005年までに世界最大のヘッジファンドの1つに成長させた。 2022 年現在、彼のヘッジファンドは 107 の顧客を持ち、運用総資産は 2355 億ドル以上である。 レイ・ダリオ氏は、フォーブス誌によると世界第67位の富豪で、純資産は約220億ドルです。彼は、経済、政治、市場、地政学を追跡するマクロ投資家です。 ここでは、最近の […]

  • 2022年7月6日
  • 2022年7月6日
  • 0件

不況時の投資戦略について

景気後退とは、GDPが減少している期間を指し、一般的には2四半期以上連続して減少が続くと定義されている。 不況は経済成長率の低下だけではない。景気後退は経済成長率の低下だけでなく、雇用の減少、政府による救済措置(景気刺激策や失業手当の増額など)を伴うことが多い。 このようなことを考えると、不況に陥ったとき、あるいは不況に向かいつつあるときに、投資をするのは良い考えなのかどうか、と疑問に思うかもしれ […]

  • 2022年7月5日
  • 2022年7月5日
  • 0件

不況に備えたポートフォリオの組み方

数ヶ月にわたる株式市場の乱高下、インフレの急上昇、金利の上昇により、多くの投資家は景気後退が来るのではないかと懸念している。 先週、株式市場は再び急落し、S&P500は1970年以来最悪の年初来6ヶ月の下げ幅を記録した。今年に入ってからの下げ幅は20%を超えている。ダウ平均株価とナスダック総合株価指数も2022年に入ってから大きく下落しており、それぞれ15%以上、30%近く下がっている。 […]

  • 2022年7月4日
  • 2022年7月4日
  • 0件

景気後退懸念が再燃しジリ貧の市場は第3四半期に突入

エコノミストは、FRBの金利引き締め政策が雇用者と経済を圧迫しているため、雇用データの鈍化が見られると予想している。 労働市場に亀裂が入り始める可能性がある。多少の減速はプラスと見られるだろうが、減速して熱くなくなった雇用市場と、冷え込みすぎた雇用市場の間にはバランスがある。 アクサ・インベストメント・マネージャーズのマクロ経済調査部長、デビッド・ページ氏は”トレンドは下がる一方であり […]

  • 2022年7月2日
  • 2022年7月2日
  • 0件

米国が景気後退に陥れば株式市場はさらに20%暴落する可能性

主要株価指数が直近の高値から20%以上下落したにもかかわらず、市場は過去のリセッション(2四半期連続でGDPがマイナス成長)と比較して、平均的な下落幅の60%程度にとどまっていると、モルガン・スタンレーのアナリストが火曜日に語った。 米連邦準備制度理事会(FRB)が数十年来の高インフレに対処するため、経済成長を阻害する可能性の高い利上げに取り組む中、景気後退は「もはや単なるテールリスクではない」と […]