TAG

FX

  • 2019年7月13日
  • 2019年7月14日
  • 0件

【FX】スキャルピングによるトレードのメリット・デメリット

FXのトレード手法には主に3種類あります。ポジションの保有期間によって、スキャルピング、デイトレード、スイングトレードの3種類の手法です。 この中でスキャルピングは、ポジションの保有期間がもっとも短く、数秒から数分で売買を繰り返す手法になります。 一方、デイトレードは数時間から1日(ポジションを翌日に持ち越さない)、スイングトレードですと数週間から数か月に及びます。 それぞれのトレード手法の詳細は […]

  • 2019年7月9日
  • 2019年7月11日
  • 2件

FXではレバレッジを計算しリスク管理を徹底することが大切

レバレッジとは? レバレッジの意味分かりやすく書けば、「てこの原理」ということになります。FXではレバレッジをかけることで、小さな資金でも大きな利益を得ることができます。 しかし、これは逆にも作用します。つまり、大きな損失を被る可能性もあるということです。だから、レバレッジ管理は、そのまま資金管理に直結します。 例えば、自己資金が10万円でレバレッジが10倍の場合、10万円×10倍=100万円にな […]

  • 2019年6月26日
  • 2019年7月12日
  • 1件

FX初心者のための勉強法を一から解説

FXはForeign Exchangeの略です。日本語だと外国為替証拠金取引となります。ドル、円、ユーロ、フランなどの通貨を売買することです。売買のタイミングによって、損をしたり得をしたりします。もちろん、利益を得ることを目的に売買を行います。 まずはFXの仕組みを理解する FXで利益が出る仕組み それでは、どうやったら利益を得ることができるかを説明します。 米ドルと円(以下ドル円)を例に説明して […]

  • 2019年6月14日
  • 2019年7月7日
  • 0件

FX・株のトレーダーが最低限知っておくべき5つの鉄板チャートパターン

チャートパターンを判断するためには、チャートパターンを知っていなければならない。そして、チャートパターンを判断するためには、サポートラインとレジスタンスラインを引くことから始める。また、様々なインジケーターを活用することで、チャートパターンを判断することができるようになる。 本記事では、FXや株のトレードをするに当たり、最低限知っておくべき5つのチャートパターンについて解説してある。以下に説明してある5つのチャートパターンを理解することで、より多くの投資機会を見出すことができるはずである。

  • 2019年6月13日
  • 2019年6月13日
  • 0件

正しいアプローチ法を学ぶ

FXトレーダーとして相場で生き残るためには、正しいアプローチ法を学ぶことである。正しいアプローチ法を学んだなら、それを基にマイルールを構築していくと良いだろう。 今まで何人かの専属FXトレーダーと話をしたことがあるが、ほぼ全員が同じアプローチ法でトレードをしている(唯一異なるのはマイルールの部分)。 相場で生き残るには、彼らプロトレーダーがやっているアプローチ法でトレードをすることが大切である。

  • 2019年6月13日
  • 2019年6月13日
  • 0件

FX初心者がトレード前に知っておくべきこと

本記事では、投資初心者がFXを始める前に知っておくべきことについて解説してある。投資初心者が、相場で失敗をしないためには全て必要な情報である。 FX市場で利益を上げていくには、そのための知識と技術が必要である。そのためには、献身的な努力は欠かせない。具体的には、全てのトレードの結果を検証し、そこからの学びを記録しておくことだ。 多くのFXトレーダーは、検証作業を怠るがゆえに、いつまでも同じ間違いを繰り返している。そういうトレーダーに限って、ころころとトレードスタイルを変える傾向がある。 まずは負けトレードから学べることをトレード日誌に記録することから始めよう。数か月、はたまた数年後にその日誌は、あなたの大きな財産になっているはずである。

  • 2019年6月13日
  • 2019年6月26日
  • 0件

プルバックを見極めて株・FXで勝つ!

プルバックとは上昇トレンドの「押し目」、下落トレンドの「戻り」のことである。プルバックは、トレンドフォロー型トレーダーにとってベストのエントリーポイントである。 トレンドフォロー型トレーダーは、①トレンド、②もみ合い、③プルバックの3つを見分ける必要がある。チャートを見たとき、まず最初にやるべきことは、現在のトレンド環境が上記3つのどれに当てはまるかを区別することである。 本記事では、もみ合い(レンジ)とプルバックの違いについて、またもみ合いでのトレードを避けるべき理由について解説してある。